今年の6月23日、英国のEU離脱問題で大騒ぎとなりました。

為替取引をされている方は御存知かと思いますが、常軌を逸した為替変動が予想されていたため、銀行や証券会社からは取引は差し控えるように忠告が出ていました。そんな中、一獲千金を狙ったFX取引にチャレンジしてみた私ですが、10万円の損失を被るか、50万円の利益を得るかのギャンブルに挑みました。楽天銀行での取引がありましたので、当行のカードローンから100万円を借り入れ、FX口座に入金しました。

1カ月以上前から色々な証券会社のサイトを見ては情報を収集し、直接ポンドでの取引はスプレッドが高くなってしまうため利益が減ってしまうこと、コンピューター処理が間に合わず決済できない可能性があること等が懸念されていたため、一般的なドル円での取引を試みました。6月15日、106円で20万通貨の約90万円を証拠金にして円を買いましたが、運命の日前日の6月23日までに1円50銭ほど円高となっていましたのでこの時点で30万程の利益が出ていました。運命の日、10円ほどの値動きを覚悟し99円に指値、108円に逆指値を置いて画面とにらめっこしながら点に運を任せました。

9時頃だったでしょうか、先走った誤報から一度は円安方向に一気に動き、107円のところまで値が動きました。この時はあまりの動きの粗さに心臓が止まってしまうのではないかと思われるほどの鼓動と、胸に一刺し喰らってしまったと思うほどの息苦しさに、生きた心地がしませんでした。オリックス銀行カードローンの審査は厳しい?体験談から検証!


が、その1時間後、形勢が逆転してEU離脱の線が強くなっていくにつれて、見る見るうちに円が買われていきました。

何が起こっているのかよく理解しないまま、あっという間に99円を割り込み、自動決済にて150万程の利益が確定していました。借り入れた100万円に利息の2万弱をつけても40万円以上の儲けを得られました。今年に入ってから約20万円の損失を出していたのですが、一気に20万円の利益に替えることが出来ました。